CPU交換作業カテゴリの記事一覧

CPU交換作業

実際に交換するときの注意点です。

作業前には必ず電源コード、ノートパソコンならバッテリーを外し、体の静電気を逃がしておきましょう。

CPUは精密機器なので取扱には十分な注意が必要です。

また、CPU交換はメーカー保障がきかなくなるというリスクがあります。



CPUを交換することでパソコンのメーカー保障がきかなくなるというリスクがあります。

自分でトラブル対処ができない方にはあまりお勧めできません。

CPUは精密機器ですので、取扱にも注意が必要です。

作業前には必ず電源コードを抜き作業しましょう。



CPUの交換作業に入る前の準備として、必ず電源コードは外し作業を進めてください。

また、体内に溜まった静電気によりCPUが故障してしまうこともありますので、金属部分を触って静電気を逃がしてから作業するようにしましょう。



CPU交換するにあたって、1つ大きなリスクがあります。

自作パソコンならいいのですが、メーカー製品ならCPUを交換することで保証が効かなくなるということです。

交換したことによっての不具合等は基本的に自分で対処しなければなりません。



CPU交換自体は簡単な作業です。

しかし取扱には十分な注意が必要です。

作業前に必ず電源コードは外しておきましょう。

また、ちょっとした静電気などでも故障する可能性があるので、CPUの取り外し、取り付け時には体の静電気を逃がしてから触れるようにしましょう。



Core 2 Duo■E6600■2.40GHz■FSB1066MHz LGA775





INTEL CPU BX80552631 Pentium4 631 3.00GHz 2MB 800MHz LGA775






パソコンパーツ☆☆CPU☆☆INTEL☆【intel/インテル Core 2 Duo



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。