CPU交換時チェック事項

CPU交換するときには事前に確認しておかなければならないことがあります。

CPUは取り外し可能かということです。

古いパソコンなどで基盤に直接固定されている場合があるからです。

またマザーボードが交換したいCPUをサポートしているかどうかも重要です。



CPUを交換する場合、いくつかチェックしなければならないポイントがあります。

まずCPUの形状です。

スロット系とソケット系がありますのでどちらのタイプかチェックします。

またマザーボードがどのCPUまでサポートしているかもチェックします。



CPUの交換ではCPUの形状やマザーボードの対応など事前にチェックすることがあります。

マザーボードによりどのスピードまで対応しているか変わりますし、CPUの形状によっても購入するタイプが変わってきますので説明書や実際にケースをあけて確認してください。



CPUを交換するとき自分のパソコンのCPUがどういった形状でどこのメーカーの物か把握しておく必要があります。

またマザーボードやBIOSが交換予定のCPUに対応しているかも事前に調べておかなければなりません。



CPU交換するときのチェック事項がいくつかあります。

マザーボード、BIOSが交換したいCPUのクロック数に対応しているのか、CPUの形状はスロット系なのか、ソケット系なのかです。

説明書、メーカーサイトなどで調べておきましょう。



T2600 2.16GHz/Box





T2700 2.33GHz/Box



この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:59
・ケ・・テ・ヤ・・ー。「ヘ[]・、・ル・・ネヒ霍マォコナ。ェ、ェーソヘヘヘ、ホサイイテ、箴青ざめアノユ、ア、ニ、ェ、熙゙、ケ。」
Posted by ・ケ・・テ・ヤ・・ー at 2008年07月23日 12:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。