使わないときは電源オフ!

あなたは、パソコンを立ち上げてから
パソコンはマメに消していますか?


夜寝るときまで、電源は切らない、というあなた

パソコンの寿命が確実に短くなっていることにお気づきでしょうか?

パソコンの中には、ハードディスクがあって、
この、ハードディスクは電源が入っているあいだ、常に回転しています。

つまり、電源を入れっぱなしにしている、ということはハードディスクの負担の、余分な負担が減り長い間、使えることになります。
マメに電源オフしていくことが、長持ちするコツなんです。


マメに電源オフするのは、面倒・・・というあなた!

ウィンドウズの設定を変えて一定時間パソコンを使わずにいると
自動的に、ハードディスクの電源を止める機能があります。
使い方はとっても簡単!


まず、スタートボタン→ コントロールパネルをクリック


コントロールパネルから『電源オプション』をクリック

プロパティが出てきます

『電源設定』のところから
『モニタの電源を切る』と
『ハードディスクの電源を切る』の右ボタンをクリックして
時間を設定し、
最後に『OK』をクリック


設定後、設定時間になると、
突然画面が、真っ黒になりますが、大丈夫ですよ。

スクリーンセーバーを解除するみたいに、
マウスを動かすと、元の画面に戻ります。


CPU交換でパソコン性能アップ

パソコンを使用していて、起動が遅いとか処理スピードが遅いなど感じたことありませんか?

とくにパソコンを長年使用していると型遅れになってきてスペック的に古くなります。

そんなときはCPU交換することでパワーアップすることができます。



パソコン関連の技術スピードはとても速く、3ヶ月もすれば最新機種が発売され、あっという間に古い機種になってしまいます。

買い換えるにも高価なものなので簡単には換えられません。

少しでもパワーを上げる方法としてCPU交換が効果的になります。



今使用しているパソコンの性能を上げるには、どうしたらいいのか?

使っていてスペック的にストレスを感じたとき考えてしまいませんか?

メモリやハードディスクの増設などは一般的ですが、最も効果があるのはCPU交換することです。



パソコンの性能アップの方法として、メモリやハードディスクの増設や交換などがあります。

メモリを増やすことで処理スピードも上がりますが、メインのCPUが遅ければ限界がありますが、CPUを交換することで処理スピードを上げることも可能になります。



あなたは今使っているパソコンの性能に満足していますか?

お金の面が厳しく新機種購入に抵抗があったり、今のパソコンに愛着を持ってる人にとっては、CPU交換やメモリ増設などでパソコンの性能をパワーアップするしかありません。

特にCPUが性能向上には大きく影響します。




Pentium M★750★1.86GHz FSB533MHz L2 2M★Dothan★SL7S9





【純正】Intel Pentium4 641 3.20GHz 2M 800MHz LGA775





【純正】Intel Xeon X3210 2.13GHz 8M FSB1066 LGA775


CPUとは

CPU(シーピーユー、Central Processing Unit)とは、コンピュータにおける中心的な回路であり、プログラムによって様々な数値計算や情報処理、機器制御などを行います。

日本では中央処理装置あるいは中央演算処理装置とも言われています。



Central Processing Unitを略してCPUといいますが、中央処理装置または中央演算処理装置のことです。

コンピュータにおける中心的な存在であり、様々なデータの演算処理や各機器の制御処理を行っています。

処理スピード(クロック数)が速いほど優秀なCPUとなります。



データの演算処理やコンピュータ機器の制御を行っている部分がCPUと呼ばれ、中央処理装置のことです。

人間でいう脳の役割をもっているのがCPUです。CPUも人間と同じで頭の回転が速ければ優秀だということです。

この回転速度はクロック数といわれ「○○MHz(GHz)」と表されています。



CPUとはコンピュータの頭脳部分のことで、各機器の制御やデータの計算や処理を行う中心的な役割をもったものです。

Central Processing Unitの略でシーピーユーと読み、日本では中央処理装置あるいは中央演算処理装置とも言われています。



CPU(シーピーユー)とは、パソコンにおける中心的な装置で各機器を制御したり数値計算や情報処理を行う働きを持っています。

CPUの性能は種類によってことなりますが、クロック数の数値が大きいほど処理スピードが速いということになります。



Pentium4★670★3.8GHz FSB800MHz LGA775★Prescott





【送料無料】Intel Core 2 Extreme Processor X6800 2.93GHz BX80557X6800



格安中古パソコン紹介

INSPIRON4000(C700)(128MB.XP)【中古PCのデジタルドラゴン】INSPIRON4000(C700)(128MB.XP)
45,990円

安心のアフターフォローでみんなが使える「みんなのパソコン」
Ads by STMX






INSPIRON4000(C700)(64MB)【中古PCのデジタルドラゴン】INSPIRON4000(C700)(64MB)
28,140円

安心のアフターフォローでみんなが使える「みんなのパソコン」
Ads by STMX






Mate MA70H/L(128MB.15TFT.XP)【中古PCのデジタルドラゴン】Mate MA70H/L(128MB.15TFT.XP)
41,790円

安心のアフターフォローでみんなが使える「みんなのパソコン」
Ads by STMX






VersaProNX_VA60H/WX(128MB.XP)【中古PCのデジタルドラゴン】VersaProNX_VA60H/WX(128MB.XP)
42,840円

安心のアフターフォローでみんなが使える「みんなのパソコン」
Ads by STMX






FMV-665NU9/E(128MB.XP)【中古PCのデジタルドラゴン】FMV-665NU9/E(128MB.XP)
40,740円

安心のアフターフォローでみんなが使える「みんなのパソコン」
Ads by STMX






VersaProNX_VA65H/BH(256MB.XP)【中古PCのデジタルドラゴン】VersaProNX_VA65H/BH(256MB.XP)
49,140円

安心のアフターフォローでみんなが使える「みんなのパソコン」
Ads by STMX






Satellite1850 SA120C/3(256MB.XP)【中古PCのデジタルドラゴン】Satellite1850 SA120C/3(256MB.XP)
54,390円

安心のアフターフォローでみんなが使える「みんなのパソコン」
Ads by STMX

CPU交換時チェック事項

CPU交換するときには事前に確認しておかなければならないことがあります。

CPUは取り外し可能かということです。

古いパソコンなどで基盤に直接固定されている場合があるからです。

またマザーボードが交換したいCPUをサポートしているかどうかも重要です。



CPUを交換する場合、いくつかチェックしなければならないポイントがあります。

まずCPUの形状です。

スロット系とソケット系がありますのでどちらのタイプかチェックします。

またマザーボードがどのCPUまでサポートしているかもチェックします。



CPUの交換ではCPUの形状やマザーボードの対応など事前にチェックすることがあります。

マザーボードによりどのスピードまで対応しているか変わりますし、CPUの形状によっても購入するタイプが変わってきますので説明書や実際にケースをあけて確認してください。



CPUを交換するとき自分のパソコンのCPUがどういった形状でどこのメーカーの物か把握しておく必要があります。

またマザーボードやBIOSが交換予定のCPUに対応しているかも事前に調べておかなければなりません。



CPU交換するときのチェック事項がいくつかあります。

マザーボード、BIOSが交換したいCPUのクロック数に対応しているのか、CPUの形状はスロット系なのか、ソケット系なのかです。

説明書、メーカーサイトなどで調べておきましょう。



T2600 2.16GHz/Box





T2700 2.33GHz/Box



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。